屋根塗装

厳しい環境にも耐えうる屋根塗装を

私達からなかなか見えないところで、日々ダメージにさらされているのがお住まいの屋根。
外壁と違って、雨や日差しを直接受ける分、塗装の効果が切れてしまえば、劣化はあっという間に進みます。たった数年で屋根材の反りやめくれ、ひび割れが発生することもあるので、要注意!

ご自身で点検されるのが難しい場所なので、外壁にひび割れや塗膜の剥がれが見られるようになれば、一度点検をご依頼ください。屋根塗装も外壁塗装も、足場を組んで行う必要があるため、一度に塗替えされた方がお得です。塗装工事では、塗料の塗り替えはもちろん、傷んだ下地の補修作業も行います。定期的に塗り替えを行うことで、傷みを進行させることなく、小さいうちに食い止めることが可能。表面からは見えない部分こそ丁寧に、大切な屋根を守ります。

また当社では、ドローン点検行っており普段目の届かない高い場所でも、足場を組まず点検することも可能です。気になる方は是非お問合せください。

PROBLEMこんなお悩みありませんか

住宅のトラブルで一番多い箇所はどこでしょうか?それは、屋根になります。
屋根は雨風の影響を一番受ける部位でありながら、上から見ることがなかなか難しいからになります。
大雨や強風ののち、屋根を点検する習慣のある方は少ないです。
専門家でないと屋根に上る梯子を持っていないですし、高所なので危険です。
屋根が心配な場合は、専門業者に点検を依頼することをオススメしております。

台風や強風、地震などで屋根が心配

日常では問題が無くても、台風や強風、地震など大きな自然災害があると、屋根も大きくダメージを受けることがあります。
見たところ全く問題がなさそうな場合でも、しっかりプロに点検をしてもらうことをオススメしています。

規模にもよりますが、点検作業はおおよそ20分程度で終わります。
地震などがご心配な場合には、瓦屋根から軽い屋根に葺き替えることを検討されるお客様もいらっしゃいます。

屋根の劣化や雨漏りがする

屋根の劣化、雨漏りと言った症状がある場合には、早急にメンテナンス・修繕をすることをオススメしております。
屋根からの雨漏りは、住宅の内部構造を急速に腐食していきます。
点検することでどこから雨漏りしているのか特定し、部分補修で済むのか、葺き替えが必要なのか確実な判断をいたします。

稀ですが、誤った補修方法(間違ったシーリングなど)を行うことで、
余計に雨漏りするようになってしまう場合もあります。当社では環境やお家に合った施工を行い、お客様に安心してご利用いただいております。

屋根材が色あせてきた気がする

屋根材の色褪せは、紫外線による塗装の劣化が原因です。
屋根材も工場塗装されたものですが、紫外線により塗料の樹脂が劣化し、顔料が露出します。
そして顔料が雨によって洗い流されるため、だんだんと屋根材は色褪せてきます。

つまり、屋根材の色褪せは防水機能の低下をも意味します。
水を吸収するようになった屋根材は、吸水乾燥し収縮することで割れてしまいます。再塗装を行い、防水機能を回復させる必要があります。

+αの機能で快適性UP!こんな塗料も人気です

塗料は防水機能だけでなく、その他の機能を付加したものもあります。
いずれも住環境を整えることを目的としたもので、非常に人気があります。

当社では様々な塗料メーカーと取引を行なっており、
お客様のご要望に合わせた塗料を選定することができます。

お客様の住宅の立地条件なども、どの機能を選べば効果的かの判断材料になります。
皆様に寄り添ってご提案させていただきますので、ぜひご相談ください。

断熱塗料

太陽光からの熱源を塗膜に溜め込む、断熱材の機能を持った塗料です。

低汚染型塗料

親水性のある塗料を使うことで、 塗膜面に雨水が膜を形成し、汚れが付着するのを防ぎます。

光触媒塗料

光を照射することで、有機物を分解し、防カビ・抗菌・排気ガスによる汚染防止、ホルムアルデヒド分解などの効果を発揮します。
屋根・外壁ではなく、室内塗料としても人気がある商品です。

結露防止塗料

吸水性・断熱性を持つ塗膜を形成することで、結露の発生を防止します。結露は、鉄部を錆びさせ、木材を腐食し、住宅の天敵と言えるものです。

川西市で外壁塗装・屋根塗装・マンション塗り替えは大和塗装協会
0120-45-1414
お問い合わせページからどうぞ

【対応エリア】
川西市中心に関西一円対応